水素水 効果 飲み方 量 たっぷり

MENU

水素水の正しい飲み方 | 飲む量はたっぷり目に!

水素水は1日にどのくらいの量を飲めば良いのか、というのも気になる点ですよね。一般的にサプリメントなどには1日の摂取量の目安などがあり、これに合わせて飲んでいく必要があります。では、水素水に関しても、そういったルールはあるのでしょうか?

 

水素水の飲む量には制限なし!

水素水には「1日にこれ以上摂取してはいけません」という制限はありません。水素は過剰に摂取してしまったとしても、排出されるものなので、副作用などのリスクは無いのです。そのため、たくさん飲んではいけないということは無いと考えて大丈夫です。

 

ただし、気を付けなければならないのは、水分の過剰摂取です。無害な水でも、極端に飲み過ぎると体に負担がかかり、ひどい場合には水中毒という命に関わる状態を引き起こします。そうならないように、1日の目安量を守りながら摂取していきましょう。

 

水素水の理想的な摂取量は?

水素水の理想的な1日の摂取量としては、1日に1.5~2L程度を目安と考えれば良いでしょう。成人の方の場合は、1日の水分摂取量はこのくらい必要であると言われています。ですが、実際にはこの量の水を飲めていない方が大半ですね。

 

1.5~2L程度の水を飲むことで、体は十分な潤いに満たされ、代謝がアップします。また、お肌がキレイになるなど、内側からの保湿にも役立ちます。ただの水でも効果が期待できますが、これを水素水に切り替えることで、より美容や健康の効果が高まるのです。

 

継続しやすい摂取量で!

いくら1.5~2Lの水素水が理想、とは言っても、これを継続するのは簡単ではありません。なぜなら、水素水の価格というのは、市販されているミネラルウォーターなどに比べると高額で、これを1日に1.5~2Lも飲んでいると、経済的にかなりきつい状態になるからです。

 

そこで、継続しやすい摂取量で飲んでいくことを目標にしましょう。例えば1日にパウチ1つなら、250~500ml程度の容量のものが多いですね。残りの水分は、ミネラルウォーターなどで補うようにすると良いでしょう。

 

とりあえず1日にパウチ1つ、というのを目安にすれば、継続していきやすいですね。1日のうちに大量に飲むことよりも、継続的に摂取していくことが大切なので、無理のない範囲で飲める量を決めていきましょう。

関連ページ

開封後はすぐに飲む!
水素水がどうしてアルミパウチに入っているのかと言うと、水素はペットボトルなどの容器ではあっという間に抜けてしまうデリケートなものだからです。つまり、せっかく容器に密閉されていても、開封すると簡単に抜けていってしまうのです。
飲むタイミングは?
水素水は医薬品やサプリメントとは違い、飲むタイミングに関しても、それほど難しい決まりはありません。ですが、どうせならより効果を実感しやすいタイミングで飲んでいきたいですよね。そこで、オススメのタイミングを紹介します。
水素水の温度を工夫!
一時、大ブームとなった酵素ドリンクですが、これには酵素が熱に弱いためホットで飲めないという欠点がありました。ですが現代の大ブーム、水素水の場合には、ホットで飲むことも可能となっています。温度の工夫をすれば、年中継続しやすくなりますよね。