水素水 効果 高い 選び方 容器

MENU

容器をしっかり確認!

食べ物や飲み物を買う時は、「大切なのは中身だから容器はこだわらない」という方もいるかもしれません。ですが、水素水に関しては、これではダメなのです。なぜなら、水素水の品質は、容器に大きく関係してくるからです。

 

アルミパウチが理想!

一般的な飲料は、ペットボトルや缶、紙パックなどで販売されています。美容と健康に良いと大人気の炭酸水も、ペットボトルで販売されているものが多いですね。ですが、水素水を見てみると、こういった容器で販売されているものはありません。なぜなら、これらの容器では、せっかく水素を充填しても全くの無意味になってしまうからなのです。

 

水素は宇宙で1番小さな分子であるが故に、小さな穴でも簡単に抜けだしてしまいます。そのため、ペットボトルなどの容器では、手元に届くまでに水素はほぼ残っていない状態になってしまうというわけです。そんなデリケートな水素を保つためには、アルミパウチが最も理想的であると言われています。

 

水素を閉じ込めておくことができる容器は、唯一、アルミニウムだけなのです。アルミ缶のものもありますが、飲む際に口元に空間を作らないためにも、やはりアルミパウチが理想であると言えます。

ただのアルミパウチじゃダメ!

アルミパウチと言っても、ソフトドリンクなどが入れられているような簡単な構造のものでは、意味がありません。こういったアルミパウチも、水素という小さな分子は、容易に抜けだすことができてしまうのです。そこで、高品質な水素水は、その大半が何層もの構造になったアルミパウチを採用しています。

 

多くは4層程度の構造になっており、水素を逃さないための工夫が施されているのです。さらには、トラストウォーターなどは飲み口さえも水素が逃げる原因になると考え、これを作らない工夫が取り入れられています。
こういった点にもしっかり着目したいですね。

開封後はすぐに飲み切りを!

水素水の容器には、色々なサイズが展開されています。普通なら容量が多い方がお得、と考えてしまう方が大半でしょう。ですが、水素水に関しては、そうは言い切れません。

 

なぜなら、これは開封後にどんどん水素が逃げてしまうため、できるだけ短時間で飲み切る必要があるからです。そのためには、飲みきりサイズの容器に入ったものを選ぶ、ということも大切ですね。

関連ページ

水素の濃度をチェック!
水素の効果をしっかり実感したければ、やはり水素の濃度は高ければ高いほど良い、と考えた方が良いでしょう。水素は濃度が高いからと言って副作用を起こすリスクも無いので、安心して、高濃度な水素水をセレクトしていきましょう。
水の質にもこだわりを!
水素水というのは、水に水素を特殊な技術で溶け込ませることによって作られるものです。そのため、原材料となっているのは「水」になります。この水の質により、味も効果も大きく変わってくると考えましょう。
コスパも重要なポイント!
水素水が体に良いと分かっていても、高額だから使い続けることが難しいのであれば、意味がありません。そのため、しっかり水素水の効果を実感するには、コスパに着目した選び方も大切なポイントとなるのです。