水素水 効果 高い 選び方 濃度

MENU

水素の濃度をチェック!

水素の効果をしっかり実感したければ、やはり水素の濃度は高ければ高いほど良い、と考えた方が良いでしょう。水素は摂取し過ぎても身体に悪影響を与える心配がありません。そのため、濃度が高いからと言って副作用を起こすリスクも無いので、安心して、高濃度な水素水をセレクトしていきましょう。

 

水素の濃度はppmでチェック!

水素の濃度は、主にパッケージに書かれているppmという数字によって表されています。このppmというのは、パーツ・パー・ミリオンという値であり、100万分のいくら、という割合を示しています。水素などの濃度を示す際によく用いられる単位ですね。

 

一般的な水素水の濃度は、1.2~1.6ppm程度のものが多いと言えます。このレベルの濃度でも、それなりに効果は期待できると考えて良いでしょう。ですが、中には3.0ppmという驚異の濃度を実現しているものもあります。こういったものは、価格も高めの傾向がありますが、しっかり実感しやすいという点ではコスパも良いと考えることができます。

ppmだけにまどわされない!

水素水の濃度は、ppmで書かれているもので判断しますが、これだけに惑わされてはいけません。水素というのは非常にデリケートで、せっかく水の中に溶け込ませることができても、あっという間に逃げていってしまう性質があります。そのため、重要になるのは充填時の水素濃度ではなく、手元に届いた時の水素濃度なのです。

 

中には顧客の元に届いた時に、どの程度のレベルで水素が溶存しているか、調査しているものもあります。充填時のppmだけでなく、溶存率という点にも着目して選んでいくと良いですね。公式サイトで溶存率に関する記載がない時には、電話などで問い合わせてみるのも1つの方法です。

濃度によって味は変わる!?

もし水素に独特の味があるなら、クセを感じて飲みにくくなりますよね。それで濃度の濃いものを選ぶとなると、それこそストレスに感じられてしまいます。では、水素には味はあるのでしょうか?

 

実は水素は、無味無臭の分子なのです。そのため、特に濃度が濃いからと言って、飲みにくさを感じることはありません。安心して、高濃度な水素水を選んでいきましょう。

関連ページ

容器をしっかり確認!
食べ物や飲み物を買う時は、「大切なのは中身だから容器はこだわらない」という方もいるかもしれません。ですが、水素水に関しては、これではダメなのです。なぜなら、水素水の品質は、容器に大きく関係してくるからです。
水の質にもこだわりを!
水素水というのは、水に水素を特殊な技術で溶け込ませることによって作られるものです。そのため、原材料となっているのは「水」になります。この水の質により、味も効果も大きく変わってくると考えましょう。
コスパも重要なポイント!
水素水が体に良いと分かっていても、高額だから使い続けることが難しいのであれば、意味がありません。そのため、しっかり水素水の効果を実感するには、コスパに着目した選び方も大切なポイントとなるのです。