水素水 デメリット コスト

MENU

水素水のデメリット | コストがかかる!

美容にも健康にも役立つということで大きな注目を集める水素水ですが、最大のデメリットとも言えるのが、コストでしょう。ただの水なら水道の蛇口をひねれば出てきますし、ミネラルウォーターやウォーターサーバーでもそんなに継続が負担にならないレベルとなっています。ですが、水素水はどうしても、コストがかかってしまうのです。

 

水素水の1カ月あたりのコスト

水素水を1カ月継続したら、どのくらいのコストがかかるのか、これはどのメーカーのものを選ぶかにより異なります。アルミパウチを利用するとなると、平均的には、1カ月に1万円前後というものが多いですね。1カ月に1万円となると、「けっこうキツイかな・・・」と感じる方もいらっしゃいます。また、これを家族で飲んでいこうとすると、何倍ものコストがかかることになってきます。

 

夫婦2人で飲むなら毎月約2万円、子供たちも飲むなら毎月3万、4万・・・と、大きな負担に感じられる金額になっていくのです。そのため、飲む人数や求める効果などをよく吟味して、比較検討しながら、継続しやすいコストのものを選んでいくことが大切です。家族でお得に楽しみたいなら、ナノ水素水KIYORABIなどはファミリー用の大容量パックもあるので、利用しやすいですね。

水素水のコストは高い!?

1人あたり平均的に1万円程度のコストがかかるというと、これを継続すれば1年間で約12万円。このコストはかなり高いと感じる方が多いかもしれません。ですが、コスパ、つまり価格に対する価値で考えると、意外とこれは高すぎるものではないのです。

 

なぜなら、水素水には美容面も健康面もトータル的にケアする効果があるためです。そのため、これを摂取することで他のサプリが不要になったり、高級な化粧品を使用しなくても良くなったりします。また病気のリスクを下げることもできるため、将来かかってくるであろう高額な医療費を節約することもできるというわけですね。そういったコスパを考えると、購入しても損はないものだと言えます。

コスパが良い水素水って?

水素水、と一口に言っても、様々なタイプがあります。例えばウォーターサーバータイプや、ペットボトルなどにスティックを入れて水素を発生させるといったものですね。では、最もコスパが良い水素水はどれなのでしょうか?

 

価格で言えば、月に数百円程度で継続できるスティックタイプの水素水がリーズナブルで良いと言えるでしょう。ただ、これは水素が本当に溶け込んでいるのかどうか、疑問視する声もありますし、水素濃度自体も高くはありません。最高レベルの水素濃度を実現し、質の良い水を使用し、しかもしっかりと水素を体に届けることができるという点で考えれば、やはりアルミパウチがベストでしょう。

関連ページ

水素が抜けてしまう!
水素というのは宇宙で最も小さな分子であると言われています。それ故に、大変デリケートであり、水に溶け込ませることすら難しいとされてきました。技術の発達により溶け込ませることには成功できたものの、水素はとてもデリケートなものなのです。
味が飲みにくいかも!?
水素水に関しても、アルミパウチで販売されている人気のものの大半は水の質にまでこだわり、美味しくする工夫がありますが、万人ウケするとは限らないのです。そのため、味が飲みにくいから続けにくいと感じる人も、中にはいらっしゃいます。
継続する必要あり!
水素水に関しては、医薬品のような強力な効果が期待できるものではない、ということを忘れてはなりません。安全性が高い分、体への作用も穏やかなので、そのメリットを実感したいのであれば、継続していくことが重要になります。