水素水 注意点 水素 抜けない

MENU

水素水は水素が抜けないように注意!

水素水には、水に溶け込ませることが難しいと言われてきた水素が、各メーカーの最先端の技術によってたっぷりと溶け込ませてあります。ですが、デリケートな成分だけに、ちょっとした不注意でそんな最先端の技術が水の泡になってしまうこともあるのです。せっかくコストをかけて購入する水素水。最大限に活かせるように、注意して取り扱いましょう。

 

激しい衝撃は与えない!

水素は、ペットボトル等の容器でも簡単に抜けだしてしまうと言われるほど、デリケートな小さい分子です。そのため、各社工夫をして何層にもなったアルミパウチで厳重に守っています。ですが、いくら厳重な容器であっても、高いところから落としたり、激しく振ったりと衝撃を与えると、小さな隙間から水素が抜け出してしまう恐れがあります。

 

トラストウォーターなどは、アルミパウチの飲み口さえも無くしていますよね。そのような点からも、水素がいかに小さな隙間からでも抜け出してしまう製品であるかが窺えます。そんなデリケートな水素を扱う際には、極力衝撃を与えることなく、慎重に、大切に持ち運び、保管するようにしたいですね。

コップに移し替えない!

水素は、水分や炭酸などを充填しても外に漏れだすことがないペットボトルでさえも、容易に抜けだしてしまうと言われています。そんな水素を、唯一守ることができると言われるアルミパウチを用いて、さらに何層も構造にしてある水素水を、わざわざコップに移し替えるようなことは控えましょう。

 

コップに移し替えれば、簡単に水素が抜け出してしまいます。中には抜けにくい方法で充填された優秀な水素水もあり、コップに移し替えても、ある程度は維持できていると言われています。それでも、最大限に効果を実感したいのなら、最高の濃度を保ったアルミパウチのままの状態で摂取するのがベストですね。

煮立てない!

水素水を冷たいままで摂取するのがつらいという方は、温めることを考えるでしょう。確かに、湯せんなどで軽く温めても、水素の効果はしっかり実感できる可能性が高いです。ですが、鍋に移してブクブクと煮立てたり、沸騰したお湯で長時間湯せんする、といった方法では、水素が抜けてしまいます。

 

ホットでコーヒーや紅茶、お料理などに水素水を活かしたいという方もいらっしゃるかもしれませんが、温め過ぎるとせっかくの効果が実感できなくなるので、寒い日でも、できるだけ常温でいただくようにしたいですね。

関連ページ

長期保存しない!
アルミパウチと言えば、防災食などにも用いられており、その印象からすれば、「何年でも保存が可能なのでは?」なんて感じてしまう方もいらっしゃるでしょう。ですが、水素水に関しては、そういったものとは違い、長期の保管には不向きです。
飲み方に注意!
水素水は基本的に、体に無害で副作用の懸念も無い、安全なのが魅力の水です。ですが、ただの水であっても、飲み方を間違えれば水中毒など、命に関わる症状を引き起こすケースがあります。水素水に関しても、飲み方を間違えないように気を付けましょう。
選ぶ時にも注意!
水素水が評判になってから、様々なメーカーから多種多様な水素水が登場してきていますね。そのため、選ぶ側としても悩まされてしまうところです。ですが、値段だけを見て、安易に選んでしまうと、全く無意味なものを掴まされる可能性もあるので注意が必要なのです。