水素水 注意点 飲み方

MENU

水素水は飲み方に注意!

水素水は基本的に、体に無害で副作用の懸念も無い、安全なのが魅力の水です。ですが、ただの水であっても、飲み方を間違えれば水中毒など、命に関わる症状を引き起こすケースがあります。水素水に関しても、飲み方を間違えないように気を付けましょう。

 

過剰摂取に注意!

水素水はサプリなどとは違い、摂りすぎた分は尿と共に排出されるので安全です。ただ、そうは言っても1日に2リットルを超えた摂取など、あまりにも過剰になると、健康を害する恐れがあります。特に懸念されるのが、過剰な水分の摂取によって血液が薄まり、発生する水中毒ですね。

 

水中毒が起こると、まず疲労感を感じるようになり、さらに嘔吐や頭痛といった不調が起こります。そして、これが悪化すれば痙攣が起こったり、昏睡状態に陥ったり、最悪の場合は呼吸困難で死に至ります。

 

これはミネラルウォーター、お茶など、どんな水でも起こりうる症状です。水素水のような健康効果が期待できる水でも、過度に摂取すれば危険性は十分にありますので、注意しましょう。

体を冷やさない!

女性にとって体の冷えは大敵です。ですが、水素水のような水分をたっぷり摂取してしまうと、どうしても身体が冷えやすい状態になります。特によく冷やした水素水は危険ですね。

 

寒い場所で無理をして水素水をごくごく飲むと、体が冷えて悪影響になる恐れがあります。飲む際にはできるだけ温かい場所で、常温など冷たすぎないものを摂取するように心がけたいですね。

排泄はしっかり!

水素水をたっぷり飲んでいるのに、排泄ができていないと、結局は体の中に悪いものを溜め込んでしまうことになります。忙しい時にはトイレに立つのも難しい状況になるかもしれませんが、尿意は我慢せず、しっかり排泄するようにしましょう。

 

それから、体に余分な水分を溜め込んでむくんでしまうことの無いように、汗をかく習慣を身につけることも大切です。ジョギング、ウォーキングなど軽い運動を取り入れたり、時にはサウナで汗を流すなど、デトックス効果を高める工夫をしていきましょう。こういった工夫を行うことで、より血液がサラサラになり、体が内側からスッキリする効果が実感できるでしょう。

関連ページ

水素が抜けないように注意!
水素水には、水素が各メーカーの最先端の技術によってたっぷりと溶け込ませてあります。ですが、デリケートな成分だけに、ちょっとした不注意で水の泡になってしまうこともあるのです。最大限に活かせるように、注意して取り扱いましょう。
長期保存しない!
アルミパウチと言えば、防災食などにも用いられており、その印象からすれば、「何年でも保存が可能なのでは?」なんて感じてしまう方もいらっしゃるでしょう。ですが、水素水に関しては、そういったものとは違い、長期の保管には不向きです。
選ぶ時にも注意!
水素水が評判になってから、様々なメーカーから多種多様な水素水が登場してきていますね。そのため、選ぶ側としても悩まされてしまうところです。ですが、値段だけを見て、安易に選んでしまうと、全く無意味なものを掴まされる可能性もあるので注意が必要なのです。