水素水 注意点 選ぶ時

MENU

水素水は選ぶ時にも注意!

水素水が美容や健康に良いと評判になってから、様々なメーカーから多種多様な水素水が登場してきていますね。そのため、選ぶ側としても悩まされてしまうところです。ですが、値段だけを見て、あるいは宣伝広告が派手だから、といった理由だけで安易に選んでしまうと、全く無意味なものを掴まされる可能性もあるので注意が必要なのです。

 

名前だけの水素水もある!

水素水という名称で販売されているけれど、実際のところは水素などほぼ、入っていない水があるのも事実です。まず、アルミパウチ以外の容器で販売されている商品に関しては、ほぼ水素が含まれないと考えた方が良いですね。ペットボトルや紙パックでは水素は維持できませんし、アルミ缶でも完全ではないと言われています。

 

そのため、確かに製造工程では水素を溶け込ませてあったけれど、消費者の手元に届く頃には「ただの水」になっているものも少なくありません。また、水素サプリなどの商品も販売されていますが、こういったものの中にも、実際には水素が摂取できる可能性が低い商品が多いと言われていますので、特に慎重になって選ぶ必要があります。

高ければ良いというものではない!

水素水は、高額なものほど品質が良いのかと言えば、そういうわけではありません。例えばメーカー直販の商品とドラッグストアの店頭に並んでいる商品とでは、中間コストに大きな差があります。その点も考慮して、中間コストよりも水素水の質の向上にコストをかけた商品を選ぶことが重要ですね。

 

高額な水素水を、臨時収入などで購入して、1カ月飲んだけれど続けられないというのでは、ほとんど意味がありません。継続してこそ効果が実感できるものですので、自分に合った価格帯で、しかも質が確かなものを、よく比較検討しながら厳選しましょう。

美味しくないものは続かない!

水素水を選ぶ際には、水素の含有量などにばかり気を取られてしまいがちです。ですが、1つ忘れてはならない点があります。それが味です。美味しくない水素水を長期間飲み続けるなんて、無理がありますよね。

 

水素水を選ぶ際には、できるだけいくつかの商品をお試ししてから、自分好みの味を見つけることが大切です。水の味に違いなど無いと考えている方もいらっしゃるかもしれません。ですが、飲み比べてみると、実は味にはまろやかさ、飲みやすさなど、含まれるミネラルや硬度によって大きな違いがあるのです。そういった点も比較しながら、美味しさにこだわった水素水選びをしていきましょう。

 

不味い物を飲むのは、ストレス。結果的に美容や健康を害することにもなり兼ねないので、この「美味しさ」は、実は最重要課題であるとも言えるのです。

関連ページ

水素が抜けないように注意!
水素水には、水素が各メーカーの最先端の技術によってたっぷりと溶け込ませてあります。ですが、デリケートな成分だけに、ちょっとした不注意で水の泡になってしまうこともあるのです。最大限に活かせるように、注意して取り扱いましょう。
長期保存しない!
アルミパウチと言えば、防災食などにも用いられており、その印象からすれば、「何年でも保存が可能なのでは?」なんて感じてしまう方もいらっしゃるでしょう。ですが、水素水に関しては、そういったものとは違い、長期の保管には不向きです。
飲み方に注意!
水素水は基本的に、体に無害で副作用の懸念も無い、安全なのが魅力の水です。ですが、ただの水であっても、飲み方を間違えれば水中毒など、命に関わる症状を引き起こすケースがあります。水素水に関しても、飲み方を間違えないように気を付けましょう。