水素水 注意点 長期保存しない

MENU

水素水は長期保存しない!

アルミパウチタイプの水素水は、1つ1つの個包装になっており、なんとなく長期間の保存が可能な印象がありますね。アルミパウチと言えば、防災食などにも用いられており、その印象からすれば、「何年でも保存が可能なのでは?」なんて感じてしまう方もいらっしゃるでしょう。ですが、水素水に関しては、そういったものとは違い、長期の保管には不向きです。

 

水素が維持できる期間は短い!

水素はとにかく、分子が小さく、あっという間に抜けてしまうものなので、いくら何層もの構造になったアルミパウチでも、何年もの間維持できるということはありません。自宅に届いたら、できるだけすぐに摂取してしまうのが理想的です。賞味期限なども各商品に記載されていますので、事前によく確認しておきましょう。

 

水素が維持できる期間は、メーカーによっても違いますが、長いものでも3カ月程度と言われています。これは水素が抜けにくい製法にこだわり、さらに容器にも最大限の工夫をした結果の保存期間です。つまり、3カ月も経てば、せっかくの水素水は、アルミパウチの中で「ただの水」に変化してしまっている可能性が高いということなのです。

無添加だからこそ早目に!

水素水が長期保管に向かないもう1つの理由として挙げられるのは、こちらのランキングで紹介されているような、こだわりの水素水の場合、天然水を使用しているからという点です。保存料などの添加物は一切使用せず、水そのものの美味しさを実感できる内容となっているために、美味しく摂取できる期間も長くはないのです。だからこそ、新鮮なうちに飲んでしまうことが大切です。

 

無添加の食べ物や飲み物というのは、安全で、素材そのものの美味しさが実感できる代わりに、傷みやすいというデメリットがありますね。アルミパウチの水素水に関しても同じです。せっかく質の良い美味しい水だけで作られているのですから、その美味しさを存分に楽しめる期間の間に、早めに飲み切ってしまいましょう!

水素水の買い方のコツ

水素水を買う際には、保存に向かないということを考慮した買い方が必要です。コツとしては、まとめ買いをし過ぎずに、自分が飲めるペースに合った量を購入することですね。まとめ買いすればするほどお得な水素水などもありますが、水素を保てる期間内に飲みきれなければ、結局は損をすることになります。

 

大量のまとめ買いのコースは、家族で水素水を楽しみたい方向け。自分1人で飲むだけなら、飲みきれる量かどうかという点をよく考慮しながら、買い込みすぎないように気を付けていきましょう。季節に合わせて注文する数を調整することも重要です。また、まずはお試しの商品を購入して、自分の好みの味かどうかを確認し、「たくさん買ったのに飲む気になれない」なんてことが起こらないように気を付けましょう。

関連ページ

水素が抜けないように注意!
水素水には、水素が各メーカーの最先端の技術によってたっぷりと溶け込ませてあります。ですが、デリケートな成分だけに、ちょっとした不注意で水の泡になってしまうこともあるのです。最大限に活かせるように、注意して取り扱いましょう。
飲み方に注意!
水素水は基本的に、体に無害で副作用の懸念も無い、安全なのが魅力の水です。ですが、ただの水であっても、飲み方を間違えれば水中毒など、命に関わる症状を引き起こすケースがあります。水素水に関しても、飲み方を間違えないように気を付けましょう。
選ぶ時にも注意!
水素水が評判になってから、様々なメーカーから多種多様な水素水が登場してきていますね。そのため、選ぶ側としても悩まされてしまうところです。ですが、値段だけを見て、安易に選んでしまうと、全く無意味なものを掴まされる可能性もあるので注意が必要なのです。