水素水 ペット

MENU

水素水をペットに与えても平気?

水素水をペットに与えても平気?

水素水は美容と健康に役立てたい人が飲むだけでなく、イロイロな使用方法があると言われています。その一例が、ペットの飲み水として活用するというものですね。ただし、ペットの場合はパウチごと飲むのが難しいため、容器に移す際に水素が逃げてしまう可能性が高く、イマイチ実感できないかもしれません。

 

ですが、ペットにとっても水素は体に良いものであることは確かです。余裕があれば、ペットにも飲ませてあげると良いでしょう。他にも、お肌に直接塗布する、といった使用方法で美肌効果を実感している人もいます。

色々な方法で取り入れやすい低コストなものを選ぶか、摂取だけにこだわって高品質なものを選ぶか、というのも1つのポイントになりますね。

 

ペットの病気と活性酸素

犬や猫といったペットも、人間と同様に病気にかかってしまうことがあります。腎不全や癌など、その病気の種類に関しても人間に近いものがありますね。実はこれらの、ペットが患ってしまう病気にも、活性酸素が大きく関係していると言われています。

 

ペットはストレス大!

犬や猫などのペットは、運動不足などにより、実は多くのストレスを抱えていることが多いのです。人間のように言葉に出して爆発させることができない分、どうしてもストレスが溜まりやすいのが現実ですね。

 

さらにペットは、加工されたペットフードを毎日摂取している場合が大半で、これらには多くの添加物が含まれています。この添加物や、日々のストレスといったものが原因で大量の活性酸素が発生し、様々な病気をもたらしている可能性が高いのです。

活性酸素には水素水!

そんなペットの活性酸素を水素水で除去できるかどうかという点に関しては、まだ研究段階となっています。ですが実際に、ペットに水素水を与えることで食欲が回復するなど、何らかの良い兆候が見られたという例はあります。水素水をペットに与えることは、決してムダではないということです。

 

犬や猫は人間よりも体が小さく、寿命も短いため、どうしても水素水の効果を実感しにくいかもしれません。それでも、病気の予防や改善の目的で、取り入れてみる価値はありそうですね。

ペット用水素水も!

いくら良いものであるとは言っても、ペットに水素水はもったいないと感じる方もいるでしょう。そんな場合には、ペット用の水素水なども販売されていますので、利用してみると良いですね。

 

水素水は多くのメリットがあるものなので、家族で楽しみたいものです。家族の一員であるペットには、ペット専用の水素水を習慣にしてあげましょう。大切な家族であるペットが、より健康に長生きしてくれるというのは、飼い主にとっても嬉しいことです。これもまた、広い視野で見れば、水素水がもたらしてくれる心に対する魅力的な効果であると捉えることができますね。

関連ページ

水素水は何に役立つの?
水素は宇宙一小さい分子なので、細胞の隅々にまで行きわたって効果を発揮します。 その効果は、なんと脳にまで及ぶというから驚きです。 そうして、体内をキレイにしてくれることで、身体がスッキリ軽くなったり、お肌がキレイになったりといった効果が期待できるというわけなのです。
水素水を飲み過ぎたらどうなるの?
医療の現場でも用いられる水素水、なんて聞くと、薬のような印象になりますよね。 ですが、実は水素というのは薬のようなものではなく、嬉しい還元力はあるのに、身体に副作用をもたらすことはありません。 つまり、飲み過ぎたところで、何も害はないのです。
水素水はどのくらい継続すべき?
水素水というのは、ある程度の期間飲めばそれでおしまい、というものではありません。 医薬品などとは違いますので、長く継続的に飲むことで体のサビを取り除き、若々しさを維持するのに役立ってくれます。
水素水の飲み方は?
水素水は、飲み方によっても効果が大きく左右されるので、これはしっかり覚えておきたいですね。 量に関しては1日に1リットル程度飲みたいところですが、コスト的に考えても、まずはアルミパウチ1つから始めると良いでしょう。 それから温度は常温が理想ですが、冷たい方が飲みやすいという方は、冷蔵庫で冷やしておきましょう。
水素水でダイエットはできる?
水素水は、ダイエットという点でも役立つことが分かっています。 これは還元力があるため、血液がサラサラになり、高いデトックス効果が期待できるのです。 その結果、代謝が高まり、スリムなスタイルを目指すことができるというわけですね。
水素水を飲んではいけない人は?
水素水を飲むことで体に何らかの悪影響が出てしまう人もいるのではないか、と不安になりますよね。 例えば赤ちゃんや妊婦さん、持病がある方の場合は、やめておいた方が良いのではないか、という声もあるでしょう。 ですが、実はこれは全く問題ないのです。